四国の旅

【四国・3つの橋まとめ】通行料金の比較やおすすめ観光と超絶景!

笑旅マップ
笑旅マップ

こんにちわ、笑旅マップ(@waratabi)のRYOTOです。

僕らは、関空から格安レンタカーで四国入りを目指したので、迷うことなく以下のルートでした。

明石海峡大橋→淡路島→鳴門大橋→四国の徳島県

ちなみに、3つの本州と四国を繋ぐ橋がありますが、僕らは全て制覇して来ました。

今回は、何処から四国に入るか?迷っている人のために、3つの橋まとめ通行料金の比較まとめおすすめ観光と超絶景まとめという流れで、詳しくご紹介していきますね。

四国にある3つの橋まとめ

本州から四国に渡ることができる3つの橋は…

  1. 大鳴門橋明石海峡大橋→淡路島経由
  2. 瀬戸大橋岡山県→10の橋経由
  3. 来島海峡大橋広島県→9島と7の橋経由しまなみ街道
四国,橋,3つ

は、1988年に開通した本州と淡路島を結ぶ全長3,911m世界最長の吊り橋である「明石海峡大橋」から淡路島を経由します。

四国,橋,大鳴門橋

そして、1985年に開通した渦潮で有名な鳴門海峡を結ぶ全長1,629mの長大吊橋である「大鳴門橋」を渡り、徳島県から四国入りするルートです。

は、1988年に開通した本州の岡山県倉敷市と四国の香川県坂出市を結ぶ10の橋をからなる「瀬戸大橋」を渡る香川県から四国入りするルートです。

四国,橋,瀬戸大橋

そして、橋には道路と鉄道が通っていて、「世界一長い鉄道道路併用橋」として、2015年にギネス世界記録にも認定されています。

は、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60kmの「瀬戸内しまなみ街道」を通る愛媛県から四国入りするルートです。

四国,橋,瀬戸内しまなみ海道

そして、この街道は、向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島などの島を7の橋新尾道大橋、因島大橋、生口橋、多々羅大橋、大三島橋、伯方・大島大橋、来島海峡大橋)で結んでいます。

また、「サイクリングロード」は日本で初めて海峡を横断できる自転車道として有名で、「サイクリストの聖地」として知られています。

【四国・3つの橋】通行料金の比較まとめ

本州から四国に行く方法が3つもあるなら、出来るだけお得に安く行きたいですよね。

そんな本州から四国に渡ることができる3つの橋軽自動車普通車の通行料金(ETC利用時)の比較一覧です。

 

神戸淡路鳴門自動車道
(明石海峡大橋〜大鳴門橋)
瀬戸中央自動車道
(瀬戸大橋)
西瀬戸自動車道
(瀬戸内しまなみ街道)
ETC平日2710円1880円2450円
普通3340円2310円2950円
ETC休日2150円1620円1880円
普通2670円1990円2310円

その他の通行料金の詳細情報については、こちらから確認してください。

今回の四国一周の旅では、あまり意識していませんでしたが、ETC利用の場合、平日と休日で通行料金がお得になるようですね。

上記の比較一覧表より、本州の岡山県から四国の香川県に入る「瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋」が1番お得であることが分かります。

【四国・3つの橋】おすすめ観光と超絶景まとめ

本州から四国に渡ることができる3つの橋のおすすめ観光と超絶景について、ご紹介していきますね。

「大鳴門橋(明石海峡大橋→淡路島→徳島県)

四国,橋,大鳴門橋

明石海峡大橋ブリッジワールド

淡路島SA

大鳴門橋架橋記念館エディ

大鳴門橋遊歩道渦の道

明石海峡大橋は、夜間には多彩にライトアップされ、真珠を連ねたように美しいことから、「パールブリッジ」の愛称で親しまれています。

僕らは、大きな観覧車が目印の淡路SAに立ち寄り、明石海峡大橋の絶景を眺めながら、休憩しました。

そして、高速道路ではなく、下道で淡路島の東浦ターミナルパークという道の駅で、タコの丸焼きを食べました。

その後、淡路島の先端にある道の駅うずしおで、大鳴門橋の絶景名物の玉ねぎを使ったハンバーガーを堪能しました。

四国,橋,大鳴門橋,道の駅うずしお

「瀬戸大橋(岡山県→香川県)

四国,橋,瀬戸大橋

瀬戸大橋記念公園

瀬戸大橋タワー

鷲羽山展望台

与島PA

瀬戸大橋は、吊橋、斜張橋、トラス橋など、世界最大級の橋梁が連なる外観が有名です。

僕らは、時間の都合上、香川県側から入り、与島PAだけに立ち寄りました。

四国,橋,瀬戸大橋,与島PA

今度は、香川県側にある瀬戸大橋タワー、岡山県側にある鷲羽山展望台にも訪れたいです。

「来島海峡大橋(広島県→愛媛県:しまなみ街道

四国,橋,瀬戸内しまなみ海道

ドルフィンファームしまなみ

亀老山展望台

ところミュージアム大三島

多々羅大橋

来島海峡展望館

来島海峡SA

しまなみ街道は、向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島などの多くの島があるので、たくさんの観光スポットがあります。

僕らは、時間の都合上、ほとんどの島と橋を通過するだけで、多々羅大橋来島海峡SAだけに立ち寄りました。

四国,橋,瀬戸内しまなみ海道 四国,橋,瀬戸内しまなみ海道

今度訪れる時は、気になる島に宿泊し、たっぷり観光の時間を取っても良いと思いました。

最後に【四国・3つの橋まとめ】

笑旅マップ
笑旅マップ

本州から四国に渡ることができる3つの橋について、ご紹介してきました。

ETC利用の場合、平日と休日で通行料金がお得になることが分かりましたね。

ただ時間と予算に余裕があるなら、全ての3つの橋を渡り、ゆっくり観光をして欲しいです。

僕らも今度また四国一周の旅をする時には、全ての3つの橋を1日フルで観光したいと思います。

是非とも今回の記事を参考に、素敵な四国一周の旅をアレンジしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

\こちらも良く読まれています/