ベトナム

【超簡単】東京のベトナム大使館での観光ビザの申請方法や行き方!

笑旅マップ
笑旅マップ
こんにちは、笑旅マップ(@waratabi)のRYOTOです。

僕らは、2019年11月から3ヶ月の間、ベトナム(ハノイ・ダナン・ホーチミン)に滞在していました。

ちなみに、ベトナム15日以内であれば、ビザなしで滞在することが出来ます。

ただし、15日以上の滞在の場合、ビザを発行してもらう必要があるので、事前に日本3ヶ月の観光ビザを取得しました。

今回は、東京のベトナム大使館での申請方法や行き方などの情報について、詳しくご紹介していきますね。

【超簡単】東京のベトナム大使館での観光ビザの申請方法!

日本では、東京大阪福岡3箇所でベトナムのビザ取得ができます。

しかし、東京のベトナム大使館では、当日中のビザ取得が可能ですが、総領事館(大阪、福岡)の場合は、23営業日ほどかかります。

ちなみに、現地の国際空港(ホーチミン・ダナン・ハノイ)で空港到着のアライバルビザを取得することも出来ます。

東京のベトナム大使館の営業時間は?

世界一周,ベトナム,観光ビザ,ベトナム大使館,東京

【月曜日〜金曜日まで】

【午前】9:30〜12:00(11:30受付終了

【午後】14:00〜17:00(16:30受付終了

営業時間の30分前が受付終了となっていましたが、ギリギリで駆け込んで来る人も何名か居たので、ギリギリの到着になった場合でも諦めないでくださいね。

ベトナムの観光ビザ申請に必要なモノは?

  1. 顔写真(4×3cm
  2. パスポート(有効期限が出国時に1ヶ月以上
  3. 申請書
  4. 申請料:14,500円(現金のみ

僕らは、ベトナム大使館に行く前に、こちらのリンクvisa formから申請書を事前にダウンロードしましたが、大使館のカウンターの右手側にも下記の申請書があります。

世界一周,ベトナム,観光ビザ,ベトナム大使館,東京,申請書

ベトナム大使館の入り口には、証明写真機があります。大使館内には、ペンハサミスティックのりが準備されているので、パスポート申請料だけ持って行けば、申請ができます。

※なお、僕らは、代々木上原駅で証明写真を取り、東口にあるDaisoでハサミとスティックのりを購入してしまいました。

ベトナムの観光ビザ(マルチ)の申請方法は?

観光ビザの有効期間は、90ではなく、最長でも88と定められています。

そのため、ベトナム入国予定日と出国予定日は88日の範囲内で記入しないといけません。

大使館の入り口の右手に番号札を発行する機械があるので、番号札を発行します。

番号札の番号を呼ばれたら、申請書とパスポートを持ってカウンターへ提出します。

申請書の不備とパスポートのチェックをされ、しばらく待機します。

再度、番号を呼ばれたら、カウンターで申請料(14,500を支払います。

そして、下記のような領収書(2人分の合計)ビザ付きのパスポートをもらい完了です。

世界一周,ベトナム,観光ビザ,ベトナム大使館,東京,申請書 世界一周,ベトナム,観光ビザ,ベトナム大使館,東京,パスポート

【超簡単】東京のベトナム大使館への行き方!

正式名称在日ベトナム社会主義共和国大使館
住所〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町50-11
電話番号03-3466-3311
営業時間9時半〜12時、14時〜17時(月〜金まで)

東京のベトナム大使館のホームページには、小田急線の代々木八幡駅南口からの行き方を紹介していますが、個人的には、小田急線の代々木上原駅東口からの方が行きやすいと思います。

代々木八幡駅南口からの行き方については、東京のベトナム大使館のホームページを確認してください。

世界一周,ベトナム,観光ビザ,ベトナム大使館,東京,行き方

上記の参考地図のように進み、細い坂道右側に曲がると下記のような道に出ます。

世界一周,ベトナム,観光ビザ,ベトナム大使館,東京,行き方

そして、上記の画像のように左側に曲がると、下記のようにベトナム大使館の入口に到着します。

世界一周,ベトナム,観光ビザ,ベトナム大使館,東京,行き方

僕らは、別の用事があったので、で行きましたが、無料駐車場はなく、大使館が混雑していたので、有料駐車場2000円以上かかってしまいました。なので、電車で行くことを強くオススメします。

最後に【東京のベトナム大使館での観光ビザの申請方法や行き方】

笑旅マップ
笑旅マップ
東京のベトナム大使館での申請方法や行き方などの情報について、参考になったでしょうか?

ベトナムの観光ビザの有効期間が、90ではなく、最長でも88と定められているので、スケジュールを組む時に気をつけてくださいね。

東京のベトナム大使館では、当日中のビザ取得が可能ですが、現地の国際空港(ホーチミン・ダナン・ハノイ)で空港到着のアライバルビザを取得することもできます。

なので、時間がない場合は、現地の国際空港での取得の方が、大使館に行く手間交通費がかからないので、無理に行く必要はないかもしれませんね。

ただそういう手間も旅の醍醐味だと思うので、是非とも今回の記事を参考に、素敵なベトナムの旅をアレンジしてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。